性能とデザインを両立させた家

性能とデザインを両立させた家

家族構成:夫婦+子供1人+α 工法:木造軸組工法 延床面積:113.44㎡

point

納得の家づくりを実現するため、幾度となく見学会に足を運びスタートまでにじっくり時間をかけたH様。その目的は、快適な住環境の要となる性能面を見極めることでした。断熱性や気密性、さらにはサッシまわりなどを重点的にチェックし、四季を通じての居住性を体感。結果、高性能住宅にこだわる西建住宅で、しかも24時間換気をしながら湿度を調整してくれる湿度コントロール空調システム「デシカ」も搭載した理想の住まいを完成させました。性能を最大限に生かす立地条件や形状にも配慮した土地を手に入れ、ベースとなる間取りプランを作成。その後は、現場での打ち合わせを重ねてつくり手と住まい手による二人三脚の家づくりを進行。高性能な調湿効果で梅雨時や夏場でもムシムシ知らず、逆に冬場は乾燥が気にならないあったか環境に加えて、天井に古材を貼ったラフな雰囲気や色味・素材、棚やニッチなど、H様らしさあふれるレトロでナチュラルな空間に家族の笑顔が弾けます。