業者向け見学会&現場

2019.10.24ニシケンラボ

「三木町のお家」

昨日 弊社も加入するTSEのメンバー様を招いて完成後の気密測定見学会を行いました

(ご協力いただきましたお施主様には感謝しております)

10数名の方が来てくれました

弊社初となる完成後の気密測定・・・

中間時は全棟行っているのですが今回は試しでやってみました

気になるレンジフードの連動シャッターの気密性能が知りたくて・・・

まずは1回目

24換気(デシカ)とレンジフードの給気・排気 全部で4か所を全て目張りして測定です

高性能なお家を手掛けている工務店さんばかりが集まっていますので緊張です 汗

厳しい目でしっかりと見てくれています

2回目

レンジフードの目張りを外して測定

これでレンジフードの連動シャッターの性能がわかります

ちなみに今回のお家のレンジフードはアリアフィーナのフェデリカ同時給俳タイプです

結果は・・・

左側が両方目張りC値:0.1(0.11)

総相当隙間面積:18㎠

右側が24換気のみ目張りC値:0.1(0.13)

総相当隙間面積:21㎠

これでシャッターの隙間が3㎠ということがわかります

レンジフードのシャッターの気密性能に関してはメーカーによって色々だと思いますが

今回のレンジフードに関しては合格の範囲内ではないでしょうか・・・

今回の測定結果をみて これから全棟完成後気密測定はしないで大丈夫と私は判断しました(お金もかかりますし)

もちろん お客様から依頼があれば行いますが・・・

それより 引き渡し後数年経ったお家の測定をしてみたいです!!

「東かがわ市のお家」

昨日 給排水引き込み工事が行われていました

今週末 地鎮祭です!!

「川島町のお家」

地盤改良工事が始まりました

43本もの砕石杭を施工します

地盤改良といっても色々工法がございます

一般的に

鋼管杭(高価で深い支持層までの改良が可能)

柱状改良(セメントにて支持層で保持)

今回使用した工法は砕石杭

メーカーいわく 将来土地を売る際に撤去しなくてもよい砕石(自然のもの)を使用している

鋼管杭やセメントは撤去の可能性も??と書かれています

お客様にも了解をいただきこの工法で進めております

このような穴が43個

凄い色した土が出てきていました

all